相棒2

以前、「相棒」というタイトルで大石さんがギターを
変えた話をしていたので

今回は自分にとっての相棒「Macbook」について書きたいと思います。

というのも、次回作「@」の撮影から、僕のMacbookも一新しまして

今年発売の12インチのNewモデル、iPhoneと同じゴールドモデルに変わりまして

まあこれが軽い軽い。

薄すぎて不安になるくらい薄いのです。

 

思えば前回まで使っていたMacbookには本当にお世話になりまして
たぶん2008年モデルかな?

まだ中国に留学中で、自分にとっての初の自作映画を撮り終え日本に帰ってきまして

留学用に購入したFujitsuのdynabookもだいぶガタがきていて

「アートするならMac」

みたいな概念も植えつけられていたため
宮崎の実家の近くに有る電気量販店で最も安いMacbookを購入。

それから7年ほどお世話になりました。

今思えばこのMacbookで動画の編集とかしてたんだから
ほんとに働いてくれたと思います。

あの頃はほんとに外が明るくなるまで
飽きずにずーっとMacbookと向き合い、映画の編集に没頭していました。

そういう事に何の疑いもなく夢中になれてたのはなんでだろ?

絶対にお金になる仕事でもないし、将来の生活の糧になるわけでもない。

でもきっとあの時

「今しかできない」

って想いが強かったんだと思う。

そしてその想いは当たりでもあり、ハズレでもあったんだなあと。

 

ハズレだった事は

「今でもできるんだ」

ということ。

 

そして当たっていたのは

「何の不安も迷いもなくただ没頭できるのは今だけだった」

ということ。

 

だから以前のMacbookには、ほんとに多くの夢とか想いが詰まっているわけです。

 

そんな彼とも、近々お別れです。

 

そしてこの新しいMacbookに、27歳からの夢を詰め込んでいきたいと思います。